何気ない日常を綴ります。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< DVD三本! | main | 梅雨みたい… >>
☆バレエ・ばれえ・Ballet☆
長女のテスト期間はまだ続いています。
5月の末から始まって6月の20日過ぎまで、テストのあるときだけ学校に行きます。
夏休みが3ヶ月あるのと同じような?!でも気の抜けないどっちつかずの日々汗

先週バレエの先生から
「環境問題のコンファレンスの締めくくりにイメージパフォーマンスの踊り手を頼まれているんだけれど、出演しない?」
とメールを頂いて長女はすっかり乗り気になっていましたぴかぴか
私は大事なテスト中にとんでもないと全く相手にしなかったのですが怒り
こういう話になぜか理解のあるだんなさんは二つ返事でOKを出しましたNO!
「いい機会だし、送り迎えしてあげるから最短の時間で済ませなさい」と
理由のわからない?詭弁にも取れる援護射撃を盾に当日を迎えましたぶー

「ダンサーの両親だといえば入れてくれるから」長女から電話が入っていましたが、
受付に入ったとたんにきっとダンサーが日本人だと
聞かされていたんだと思いますが、
すぐに客席に案内されましたたらーっ





普段トラムで前を良く通っているのに気がつかなかった建物。ステージのあるホールは演劇等の専用のようでバレエ公演などに使用される床のリノリュムが敷かれていないため、ポアントも履けずに急きょシューズで踊ることになりました。



オルガニートで奏でる曲の中、バラの苗木が次々に切り落とされて行きました。
メッセージが込められている歌詞の意味はとても切ない内容だそうで、
笑顔のあとには涙が…溢れるようにと要求されていたようです。
バラがステージ上を飛び交い長女の腕にも棘の擦り傷がたくさん???
10分ほどのパフォーマンスの後半5分足らず、デジカメの動画の画面を凝視しながら
長女の姿を追いました。

このパフォーマンスの意味合いもよくわからないままコンファレンスはお開き。
先生と長女を待つ間、ロビーに移動して、
出席者の方々がグラスを片手に軽食をつまみながら談笑している中で
だんなさんと二人でカメラの動画をチェックしたら…
なぜか撮れていません
うそ!?どうして…
未だにデジカメの操作に慣れていないせいで
ミスってしまったようです泣き顔
がっかりしていると、コンファレンスの出席者の方々から
ダンサーのお母さんですかとたずねられて、お褒めのお言葉も頂きましたが…
テスト中のどたばた騒ぎで一日が終わってしまいました。

私をパソコン・インターネットの世界に誘ってくれたのは
長女のバレエでした。
1997年に不特定多数の方々の意見を伺いたくて
「ワードで作るホームページ」という本を図書館で借りて
HTML言語って何?のなかでようやく公開にこぎつけて。
その後は…

☆バレエ・ばれえ・Ballet☆
語りつくせない バ・レ・エ 
いつかゆっくりバレエについて書きたいとは思っています。
職業としてのバレエの道が開かれているヨーロッパの国々が
日本の環境に比べて恵まれていると思っていたのですが、
実はいろいろな問題も抱えているようで
そう単純に考えるわけにもいかないようです。

「どこのバレエ学校に通っているの?」
「いいえ、ブリティッシュスクールに通っているの」
「clever girl の道を選んだのにここに来てるの?」

なんて初めて会う生徒さんとこんな会話によくなるそうです。
長女のバレエの先生は
プロフェッショナルにも教えることができる資格を持つ
数少ないバレエ教室の先生で(つい最近知りました!)
運営しているのは先生のお母様、彼女は2代目です。

家から電車とトラムで通えるからと長女とだんなさんが
ウエブサイトで見つけてから週3回通っているのですが、
本当に良い縁があったと感謝しています。


さてさて
もうノーノーテスト本当に大丈夫?
久しぶりのバレエの舞台、ママはもっと
あなたの踊っている姿を見ていたかった王冠
ママはお疲れの一日でした。
スポンサーサイト
こんばんは ふぅうこさん
UPされた写真が流石ヨーロッパの建物らしくて素敵です(*^_^*)
こうしてブログで拝見できて嬉しいです
お嬢さんはバレエをされてたんですねェ
私は全然ですが、学生時代の友人が遅咲きで
中学でバレエに目覚め踊り続けて
結婚してそろそろ子育てもいいかなというので
バレエ教室を始めています
私も子供さんたちの発表会のメイクのバイトに
フェスティバルホールに行ったりしたのを覚えています
でも舞台の感じも特別なパフォーマンスだからでしょうか
随分違いますが、これからはドンドン変わって行くんでしょうね

舞台の真ん中がお嬢さんでしょうか?
とてもスタイル良くて、バレエされている方は
姿勢がとっても綺麗ですね(*^_^*)
そしてテスト中でも出演を許可されたご主人に
私は賛成ですよ
だってテストは失敗しても追試を受けたり
なんとかなりますが、こんな機会は中々巡りあえないはず
出演されて悔いのないはずですよ
でもビデオが撮れていなかったのは本当に残念でしたね(>_<)
どなたか多分全体を録画されているでしょうから
お願いしてダヴィングさせてもらってはいかがですか?

いつもふぅうこさんのブログを拝見していると
お嬢さんへの愛情がイッパイ感じられます(*^_^*)
又お嬢さんの近況&テストの結果?も教えてくださいね
itsuko | 2007/06/18 00:23
カメラってほんとくせものですよね・・・
残したいけど、実物も見たいし・・・。
失敗したときなんて目も当てられません・・。

うちも女の子だったら絶対にバレエを習わせたかったな〜(涙)あっ男子でもOK?ですか?
kirakira | 2007/06/19 10:35
確かにバレエをするならEU圏とかに出て行くほうがいいでしょう、いろんなバレエ団の養成学校とかもあるし、でもそれだけ競争も激しいですよね、国によってかなりカラーも違いますし。学校もバレエも両立していけるといいですね。
娘さんは、ハーフなのでしょうか?!だとしたら、まぁハンディは、、少ないかな?!
カメラ、取れてないのは、つらいですよね。次は、より上手くビデオを撮ってあげてください。
Gabbyna | 2007/06/19 13:32
itsukoさん

長女のわがままに付き合っていたらきりがないのですが、
それを楽しんでいる親ばかの私がいるのも事実です。

長女には「バレエを一生続けていきたいなら職業にしないとだめよ」と言ったことがあるのですが、
彼女自身は他にもに目指したい、やりたいことも
最近では確かにあるようで
それでも大好きなバレエは何があっても欠かしません。

このパフォーマンスはお遊びでしたが、プロとして舞台に立ったことのあるダンサーとの共演もこちらにいるうちに経験できそうです。
そういった楽しみはまだありそうです。

それにしてもビデオが撮れなかったのはショックでした。
機械の操作にここまで弱くなってしまったとは
もう老化のせいにだけにできなくなりました。
本当になさけなかったです(泣)

子供たちへの想いは親として共通ですよね、itsukoさん!
でも冷静に客観的に見て危ないようなら
是非itsukoさん、警笛鳴らしてください。
私、わからないほうなので…
ふぅうこ | 2007/06/19 17:40
kirakiraさん

そうなんです!
その場で見て目に焼き付けておいた方が
どれだけ良かったか…
本当にがっかりしちゃいました。

長女はバレエが好きなのできっと一生続けると思うのですが、
私はピアノなどの楽器にしておけばよかったかしらと何度も思いました。
楽器なら家で奏でているところを見たりできるでしょ?
バレエは舞台でしか見ることができないので
そこのところがちょっと…です。。
ふぅうこ | 2007/06/19 17:44
Gabbynaさん

長女は純日本人です(笑)
今のところ日米の二重国籍ですが…
顔でかい!手足が短い!背も普通でビジュアル的には耐えられません(まじめな話!)

それでも私はバレエの道にすすんで欲しいと思っていた時期もありましたが、
こちらに来てバレエ事情により詳しくなってからも
長女自身は選びませんでした。

職業としてのバレエはまずその道に進む事を決めてから次があります。
選ばなかった時点でその道は閉ざされてしまうといっても良いかもしれません。
長女自身が見聞きした数多くの皆さんの悲喜こもごも…
長女は「日本でバレエ学校があればよいのにと単純に思っていた時期が懐かしい」とさえ言います。

『もう〜そんなに固く考えないで、近所のお子さん集めてバレエ教室開くぐらいならできちゃううんじゃないの?』と言ったりしちゃうお気楽母親の私なんですけどね〜(笑)

ふぅうこ | 2007/06/19 18:14
ふぅうこさん、こんにちは。
お嬢さんはバレエ、ふぅうこさんはお歌。
お二人とも芸術的素養がおありで羨ましい。
若いときにやりたいことがたくさんあるということは、素敵なことだと思います。
近頃では何をやりたいのか分らない若者が多いようで気になります。
私は30歳までは人生を迷うのは仕方がないことだと思います。
人間が成熟できないうちに決断を迫るのは酷というものです。
人からは甘いと言われますが、その時がいい加減な気持ちでなければ、応援してあげたいわ。
失敗を責めるのは簡単ですけど、悩みも痛みも共有して支えて挙げられる親でいられたらと思います。
時には強くNoと言うことも必要ですけどね。
我が息子なんて、もうすぐ30歳になるというのに大人になりたくないなんて言ってますけど、いつまでもピーターパンではいられないことを一番良く知っているのは本人ですから。
get | 2007/06/20 14:44
getさん

長女のバレエに関しては、嬉しさ、喜びと悲しさ、苦しみのごちゃ混ぜだんご状態で転がっているような時期が結構続いたので、いつものお気楽いい加減ではいられないのです…が

親の気持ちとしてはgetさんのおっしゃるとおりですよね♪
長女が趣味で続けていくバレエを舞台で見るのが楽しみな私はきっとこのままだと思います。

ちなみにgetさん!
私が舞台で歌を歌うのが夢なのは、経験があるからではなくて
これから50歳の手習いで始めると事です。
下重暁子さんがたしかかなり高齢になってから始めバレエを知り合いの方々をホテルのバンケットルームにご招待をしてそこに即席のステージが設けられていて、披露されたという話を「徹子の部屋」で見たときに、
私だったらジャズを歌いたいかしら?とひらめいて以来の夢なんです。
紛らわしくてごめんなさい…



ふぅうこ | 2007/06/22 02:26
ご無沙汰しております。
PCの接続の調子が悪くて、なかなか書き込めなかったり、自分のブログがアップできなかったり、困ったものです。ふぅうこさんのところは大丈夫ですか。

お嬢様のバレエの舞台が見られてよかったですね!きっと、とても素敵だったことでしょう。娘もピアノとバレエを続けています。本人はバレエの方がずっと好きなのですが、学校(先生達)の評価はバレエよりピアノの方が良くて、本人としては複雑な心境のようです。でも、上手下手は関係なく、子供が一生懸命、楽しそうに踊ったり弾いたりしている姿を見るのは、親として嬉しいし誇りに思える瞬間ですね♪

お嬢様、ブリティッシュスクールに通われていらっしゃるのですね。高校生ということは、GCSEかAレベルでしょうか。娘は来年、GCSEを受けます。科目数が多いのでたいへんそうですね〜

遅くなりましたが、下のロンドンの記事にもコメントを書かせていただきました!
halfmoon | 2007/06/26 00:13
ふぅぅこさん しばらく更新がないですが
お体大丈夫でしょうか?心配しています
旅行などに行かれているんだったらいいんですが…
itsuko | 2007/06/30 11:54
ご無沙汰しております。

突然のPCダウンの後しばらくネット環境無しでの生活を送っていましたが、本日何とか復活しました。まだ慣れないNew PCと格闘中ですが、これからもブログを励みに少しずつでも英語の学習が続けられればと思っています。

ふぅうこさんが撮られる写真はどれも素敵ですね。ヨーロッパの香りに溢れていて、日本の小都市に住む私も優雅な気分になれるような。。これからも目の保養にお邪魔させてくださいね。
ららぽん | 2007/07/01 23:52
halfmoonさん

こちらこそご無沙汰しています。
長女はGCSEが終わりました。
GCEの教科もようやく決めたようです。

大学を日本にするか、私たちが今暮らしている国に残って大学に進学するかを、
今悩んでいるようです。
イギリスの大学への進学は学費の面で折り合いが付かずほぼ無理のようです…
お嬢さんはバレエもピアノもお好きなのですね?

またブログに遊びに行かせてください。
お話楽しみにしています。
ふぅうこ | 2007/07/02 16:05
itsukoさん

ご心配おかけして申し訳ありません…
ここのところお客様が多くててんてこ舞いしてました。ただのサボりです…
順調に食べられるようになって、2キロほど体重が増えました…
調子に乗って太り過ぎないように気をつけないとと思っています(笑)
ふぅうこ | 2007/07/02 16:09
ららぽんさん

遊びに来てくださって嬉しいです。
ペーパーバックはここのところ寝る前に開くといつの間にか眠っていて余り進んでいません…

会話に関しては長女が匙を投げるほどで、諦めの境地ですが、楽しむ英語はこれからも長く続けて生きたいと思っているのでこれからもららぽんさんから刺激をいっぱいいただきたいと思います♪
ふぅうこ | 2007/07/02 16:15
COMMENT