何気ない日常を綴ります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 我が家の一員 | main | 友人の来訪 その2 >>
友人の来訪
JUGEMテーマ:日記・一般

昨日の話。
学生時代の友人が我が家に遊びに来ました。
かれこれ30年以上の付き合いになります。
当時私の実家があった地方都市まで遊びに来て
それがきっかけとなってより仲良くなりました。

その頃は待ち合わせをするといつも待たされて
数十分待たされたあとに彼女の自宅に電話をしたら
まだ家にいたことがあり、そのことがあってから
もうお友達でいられないと思ったはずが
未だに付き合いが続いている腐れ縁の関係です。

でも、最近彼女と会っても楽しくありません
一方的に彼女が話しているというわけではないのですが、
人の話を聞く際に、そのまま耳を傾けることがなく
話しているそばから先を読んでそれを口に出して遮ります。
自分の話をしたいからというよりは
人の話を聞かないようにするテクニックを駆使しているような
とにかく不快極まりないのです。

いつからこんな感じになったのかしらと首をかしげてしまいます。
何か日常生活に上手くいかないことでもあるのでしょうか 
病んでいるのでしょうか
心当たりがないわけではありませんが、
きっとそのような直接的な原因ではなく
もともとの彼女の自身の持ち味が強く濃くなっているんだと思います。

人の振り見て我が振り直せではないですが、
まずは自分自身を省みなければいけません。
その上で友人との関係を見直す時期に来ていると感じます。

価値観が違う友人でも、それを認めたうえでの語らいは
楽しいこともあります。
一方的に話を聞かされるだけでは
どんな関係の人であってもストレスが溜まるだけで
まさに時間の無駄と感じます。

定期的な集まりがある友人でも
せいぜい3か月に一度ほどですから
会った時にはそこで集まった皆さんが楽しかったと感じて
また次も楽しいひと時を過ごしたいと思えるようでなければと思います。

来週も友人の来訪予定があります。
楽しいおしゃべりであっという間に時間が過ぎてしまうような
そんなひと時を持てますように。
私自身が魅力的でないと…に尽きるでしょうか



スポンサーサイト
COMMENT