何気ない日常を綴ります。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 記憶力と集中力 | main | 寒中お見舞い申し上げます☆ >>
四十九日
 子供の頃、勉強机の引き出しには父の少年時代…たぶん16,7歳の頃の写真が入っていました。
何かで妹の勉強机の引き出しを開けたときに、年のころは同じでも違う父の写真があるのを見つけて
そのことで妹となにやら話した記憶もあります。

とにかく写真の父はその当時の私たちから見てもかなりハンサムだったと思います。
それは現実の"パパ"としてももちろん自慢の父でした。
私は高校卒業後、一人暮らしや父の単身赴任、そして結婚と父とはほとんど一緒に暮らしていません。妹とは6歳離れているのせいもあるのでしょうが長女気質な私は今もその役回りです。
だんなさんの転勤で外国で生活している時を除けば、電車や車で一時間ほどの距離に住んでいましたが、行き来は頻繁ではありませんでした。電話をかけると応対に出るのはいつも父でしたし、かけてくれるのも父でした。
相談したいことがあるときには当たり前のように父に聞こうと思いました。そんな私をよく子供たちも見ているのですね、「おじいちゃんに聞いてみよう!」と会話の中に何気なく出てきます。
実家のダイニングテーブルの父の席にいつも座っていてにこやかに教えてくれました。

こちらにくることになった時には「帰国するまでは何とか元気で頑張るよ!」と言って
この夏に帰った時は、次に会う時は今のように元気な父に会えないかもしれないと涙が止まりませんでした。
それでも、またいつものように父に聞きたいこともたくさんあったのです。

3年前の夏、だんなさんが一足先にこちらに赴任するので家族4人で実家に行った時、一人の写真を撮って欲しいと言った涼しげな開襟シャツを着た父がフォトフレームの中から微笑んでいます。
そしてもう一枚、スーツを着て少しネクタイを緩めてくつろいでいる写真も…
いつ頃撮った写真なのでしょうか?最近のものなのでしょうか?
それでも、スーツ姿の父の方が好きだからと妹が小さな写真立てに入れてくれました。
いつもの父で何も変わらず普段どおりのような気もします。
お正月のお屠蘇は父に注いでもらってお年玉をもらうと子供気分が戻りました。
一生子供でいられると思った瞬間でした。

明日は父の四十九日です。
父は仏様になります。










スポンサーサイト
ふぅこさん、お久しぶりです。
ずいぶんご無沙汰していました。

それでも、度々こちらは覗かせていただいてたのですが
更新がなく、どうしてらっっしゃるのかな?と思っていました。

今夜新しくなったblogを見つけて、ほんと嬉しかったです。

読んでいくうちに、お父様がお亡くなりになったとのこと・・

心よりお悔やみ申し上げます。

お辛いでしょうね。

49日が終わると、仏教では仏さまになって、あちらの人になるとか・・

でも、ふぅこさんの心の中にはずっと生きてらっしゃるでしょうからね。

心身共に辛くお疲れもあると思いますが、どうぞ、ふぅこさんのお体もお大事にして下さいね。

また時々寄せていただきます。
sion | 2008/12/20 23:44
ふぅうこさん、こんばんは。
大好きで大切なお父様を亡くされて、
こころよりお悔やみ申し上げます。
ふぅうこさんのお父様は、私の祖父にとても似ているんですよ。
お洒落で、帽子が欠かせなくて、頼りがいがあって、ハンサムでいろいろなことを教えてくれた祖父でした。
大切なお父様を亡くされて、ふぅうこさん、お辛い気持ちでいらっしゃるだろうと、胸が痛みます。
でも、きっと天国でもお幸せにしていらっしゃるのではないでしょうか。
ふぅうこさんが、そんなに素敵なのは、お父様の影響があってのことだったのですね。
そんなお祖父ちゃまをもたれて、ふぅうこさんの息子さんやお嬢さんもお幸せでしたね。
どうか気落ちせず、心安らかに、お父様の思い出とともにいて下さいませ。
心よりお父様のご冥福をお祈りいたします。
mimi | 2008/12/21 18:36
sionさん

ご無沙汰しています、お元気でいらっしゃいますか?
sionさんのコメントとても嬉しかったです。

最近はお馴染みの方のブログへお邪魔しても
コメントはほとんど残すことなく拝見してばかりです。
"今日も幸せ ☆"も不定期にこっそり?!更新しております…
母の意向で納骨の時期を先延ばしにするため
四十九日の法要をしないことにしたので
私は写真と心づくしのお花で弔いました。
そして私は久しぶりにブログにその想いを
綴っていました。
なんだか自分でも不思議です。

ですからsionさんからのコメントは
とても嬉しかったです☆
sionさんはブログ再開されないのですか?
ぜひ、sionさんの日常を写真でお言葉で
綴って聴かせていただけるのを楽しみにしています。
ふぅうこ | 2008/12/22 03:53
mimiさん

ほったらかしている"今日も幸せ"に
父への想いを綴っている私自身がいることに
信じられない気もしました…
こっそり更新しながらもどなたかに読んでいただきたいと
思っていたのだと思います。
mimiさんを思い浮かべていたのかもしれません。
そんな思いに応えてくださってとても嬉しかったです。

mimiさんのブログは映画や本のことを中心に書かれていますが
日常の出来事はアップされるおつもりはないのですか?
ご旅行の際のお写真や貴重な情報は勿論メモさせていただいております♪
普段の何気ないお話はこうしてコメントで頂いて
私なりのmimiさんを想像しておりますが、
お写真やストーリーを直接拝見できるのもやっぱり楽しいかも?
楽しみに楽しみにしています♪










ふぅうこ | 2008/12/22 04:08
ふうこさん、こんにちは。
お久しぶりの更新にお尋ねしてみたら、お父様がお亡くなりとのこと。
お悔やみ申し上げます。

愛する家族を亡くすということは、身体のどこかが欠けてしまったような喪失感を暫らく引きずってしまいますね。
心行くまでお父様の思い出に浸ってください。
時がくればお父様の思い出は、ポッカリ空いた空洞を優しく満たしてくれるはずです。
私も高校を卒業して実家を離れ、大学在学中に結婚をして、親孝行らしきことは何もしないままに過ぎしまいました。
今年は父の七回忌でしたが、今となっては父がそんな娘をどう思っていたのか知る由もありませんが、父にそっくりな自分に気付いてふふふっと思うことがあります。
父が見たら、嬉しく思うか、困った娘だと思うか分りませんが(^^ゞ

ふぅこさんのお父様も、天国からみていらっしゃるとおもいます。
ご自慢のお嬢様を、目を細めて・・・(^^)v

時節柄どうかお体にはお気をつけてお過ごしくださいね。
またお邪魔します。
get | 2008/12/23 10:55
getさん

本当にお久しぶりのブログへお言葉をありがとうございます。
getさんのところにはいつもお邪魔をして楽しく拝見させていただいているのですけれど、コメントを残さずに帰って来ています。

私たち姉妹にとっては両親とも亡くしたような感覚です。
そんな父が亡くなるまであれ程までに気遣っていた母なのに
がっかりさせられる事ばかりで
四十九日も待たずにこちらに戻り遺影に向かい花を手向け
静かに父を弔う気持ちをブログに綴っていました。

getさんはお父様に似ていらっしゃるのですか?
たおやかで穏やかなgetさんのDNAはお父様からと思って
ブログを拝見するのもこれからの新しい楽しみになりそうです♪

お母さまの退院の際にお靴をお持ちになるのを忘れたgetさんに
「あなたのすることは…」とおっしゃられたとありましたよね。
ふと母に重なるところが合ってgetさんとお話をしたいと思いました。

私のブログは気まぐれ更新で又何時とはお約束できませんが、いつもgetさんのブログで楽しませていただいている私を含めて多くの皆さんのためにも"Coffee Break おしゃべりしましょ"
来年も美味しいお弁当のお写真とレシピや楽しいおしゃべりを心待ちにしています♪


ふぅうこ | 2008/12/24 01:10
COMMENT